ブログトップ

家族3人☆こんどは台湾生活☆

msachi.exblog.jp

カテゴリ:台湾生活( 52 )

謝謝,ありがとう

e0252497_14590256.jpg


e0252497_15030592.jpg


e0252497_15022507.jpg



e0252497_15012196.jpg

台湾生活最後のブログです。

明日、引越荷物を出して、明後日大家さんに鍵を返し、

台北で二泊して、日本へ帰ります。

そして日本で一ヶ月ほど滞在して新たな生活の場所、ドイツへと旅立ちます。


アメリカで約6年生活し、その後台湾へ。

日本と似ている部分もありながら、やっぱり海外。

いろんなことに戸惑いながら約3年過ごしてきました。

そして、やっと慣れてきたかな〜と感じ始めた頃にドイツ行きが決定。

気持ちの切り替えをする間もなく、慌ただしく引越し準備。

そしてその準備も落ち着きはじめた頃にやっと、

「あっ、もうここでの生活が終るんだ」と自覚し始めています。


3年の中で一番大きな出来事はやっぱり息子の小学校入学。

小学校のことについてはもう前にも色々書いたので、あえてここでは書きませんが、

この経験をしたことによって、異文化の中で生活していくということが、

どんなことなのかということが本当の意味で分かった気がしています。


美味しいものもたくさんあったな〜〜〜、台湾。

と思いつつ、久しぶりに帰国して食べる日本の食べ物の素晴らしさを改めて認識したり。

近所の公園行けば、全然知らない人とおしゃべりしたり、

そうそう、マンションのおばあちゃんに怒られたりね(笑)


夏はもちろんすっごい暑いけど、冬は室内が寒いし湿度が高くてカビとの戦いだったり、

マンション建設ラッシュで工事の騒音や交通マナーの悪さに悩んだり。

結局最後まで慣れることはできなかったなぁ。

アメリカで過ごした期間の約半分しかいなかった台湾。

でも同じくらいいろんなことが経験できました。友達もたくさんできたしね。


「一生忘れられない思い出」とよく言うけど、

「思い出」になるまでには時間がかかりそう。

なんていうか、台湾生活したことをひきずりそう。

アメリカから台湾に移った時も、しばらくはアメリカ生活を引きずったままでした。

「思い出」にするにはドイツでの生活が軌道にのってからかな。


たくさんの方がこのブログを見てくださり、

コメントしてくださり、そのおかげで出会いがあったり。

頻繁に更新することはなかったけど、台湾生活スタートからゴールまで続けることができ、

本当によかったです。読んでくださっていた方々のおかげです。

本当にありがとうございました。

「ドイツでもぜひブログを」とおっしゃってくださる方も多く、

とてもとてもありがたく、私もできればいいなと考えていますが、

今のところ、どのタイミングで始めようか、というかブログする余裕あるのかどうか?

というような状況です。でも始めた際にはお知らせしようと思っています。


それでは、ありがとうございました。謝謝,再見。






[PR]
by mtayosa | 2014-08-26 15:44 | 台湾生活

報告

息子、今日で小学一年生が終了。

明日から長い長い夏休みです。

そして二ヶ月の夏休みを経て、本当だったら9月から二年生、新学期が始まるのですが‥

息子、台湾では二年生には上がりません。



というのは、今秋に我が家、またも大移動することになりました。

行き先はドイツ、フランクフルトです。

旦那の新しい職場がフランクフルトになりました。



4月中旬くらいから決まっていたことなんですが、

息子の小学一年生修了を待ってここで報告しようと思ってました。

アメリカから台湾への移動が決まった時も突然でしたが、今回はもっと突然。

台湾行きの時は「時期は分からないけれど、そうなるかも〜〜」と聞いていたのですが、

ドイツ行きはなんの前触れもなく「ほぼ決定」といきなり旦那から聞かされたので、

飛び上がるくらい驚いて、しばらくショック状態でした。笑



台湾には私と息子は8月末までいて(旦那は未定)、

9月まるまる一ヶ月日本滞在。

10月頭にドイツへ移動、という予定。

引越業者も決まり、何個かダンボールももう持って来てもらい、徐々に詰め始めてます。



ただいま私、決めなきゃいけないことが盛りだくさん過ぎて、パンクしかけております。

いろんなことがスムーズに行けばいいんだけど、

「こっちを決める為にはそっちをとりあえず決めなきゃいけないし」とか、

連絡を取りたい人がなかなかつかまらなかったり。。。

優先順位をつけて進めて行けばいいんだろうけど、

それもなかなかできないような状態。正念場です、ほんと。

ストレスたまるとよく出る症状、耳漏孔がたまに腫れたりしてます。気をつけなきゃ。


ドイツ生活がどんなものになるんだろう?とか、

楽しみとか不安とかそんな気持ちにもなる余裕もまだまだないですが、

とにかくドイツに行って無事に引越荷物が届くまで、

家族3人体に気をつけて乗り切りたいと思います。








[PR]
by mtayosa | 2014-06-30 10:03 | 台湾生活

近況&遠足アイス事件

ブログをだいぶさぼってました。

3月に入ってからいろいろと忙しく、

急用で2泊3日で帰国もしていました。


先週は息子、入学してから初めての遠足で、

一クラス5人ほどボランティアママも付いていくのですが、

私もボランティアママとして参加。

いやぁ〜、疲れました。全体としては楽しかったけど、

やっぱりいろんな点においてカルチャーショック。

動物ともふれあえたり、自然がいっぱいの農場のような所に行って、

客家文化伝統の餅作り体験、陶器の色づけ体験、

昆虫の展示を見たり、うさぎやヤギ、鶏の餌付け体験などなど盛りだくさん。


自由時間もあったんですが、それが問題。

クラスの決まりで「お金は持って来ない」っていうのがあったんですが、

お小遣い持ってる子もチラホラ。。

そして当然ボランティアママさんたちはお財布を持ってきているわけですが、

自分の子どもに売店でアイスやらおもちゃやら買ったり。。(>_<)

私、拙い中国語で「あれ?買ってもいいの?」と尋ねると、

彼女「今はフリータイムよ。何したっていいわ」と‥。


中には真面目にお小遣いを持って来ない子もいたんですが、

その子たちもそりゃ、食べたくなりますよね、アイス。あの日暑かったし。

「買いたいけど、僕お金持ってきてない〜」と半べその男の子も。。。

しょうがないので、3人分ほど私が買いました。

他のボランティアママさんも仕方なさそうに他の子たちにアイス買ってました。


決して、私の行動は褒められるべきじゃありません。

本当は買うべきじゃなかったのかも。

でも、あの時はなんともかわいそうで。

担任の先生にもちゃんと私から事情を説明して理解も得ました。


突っ込みどころはいろいろあって、

①遠足のあの場所に売店がオープンしてるのがおかしい。

②どういうつもりで小遣い持たせたのか知らないけど、ルールを守らないのがおかしい。

③自分の子だけにアイスやらお菓子やら買い与えるボランティアママがおかしい。

彼女はいったいどういうつもりで遠足に参加してるのか分からない。

遠足中にメールするわ、電話するわ、帰りのバスの中爆睡だわ(笑)

言葉が不自由な私を助けてくれたりもしてありがたかった面もありますが。。


あっ、そうそう、息子はその時アイス食べなかったんですよ〜。

なんだかお腹の調子がイマイチだったらしく、「いらない〜〜」って。

その息子と仲の良い(というか、息子の面倒をよく見てくれる)女の子は、

「お金もってきていけないっていうルールだから、私はアイスいりません」って。

素晴らしすぎる!!嫁に来てほしいくらい(笑)


あとね、おやつ持っていっても良かったんですけど、

日本だったら確かいくらまで値段が決まっていたと思いますが、

そういう決まりもなく、小さめのジップロックに入れられる分だけ持たせました。

だけど、他の子達はスーパーのレジ袋に大量のお菓子‥‥(@_@)

そして食べたい時に食べる。お菓子を食べる時間は決まっていませんでした。


そんなこんなで色々とビックリ体験をさせてもらいました。

たぶんいい経験だったと思います。どっぷり異文化体験をさせてもらいました。







[PR]
by mtayosa | 2014-03-24 12:05 | 台湾生活

通学路に

桜が咲いています。

e0252497_10153271.jpg
ソメイヨシノかな??

たぶん。

最近暖かくなってきたから、土曜くらいに一気に開花。

日本の桜を近所で見られるのはうれしい^^






[PR]
by mtayosa | 2014-02-26 10:19 | 台湾生活

冬休み終了☆

1月21日から始まった寒假(冬休み)、

やっと昨日で終了〜〜。いや〜、なんだか長かったわ。。

でもマレーシアにも行ったし(いつの間に?!)

台北にも遊びに行ったし、

大学散歩したり、買い物行ったり、

そこそこ充実した生活ができたんじゃないでしょうか。


息子も宿題を冬休みの半分くらいのところで終らせ、

残った期間は書店で買った公文の問題集(国語と百マス計算)や、

台湾の小学校の教科書ドリルとかやってました。

縄跳びも練習の成果がでてたくさん跳べるようになりました。



私は息子が一人で遊んでる間とかに、
e0252497_15112143.jpg
布ナプ作ったり、



e0252497_15125708.jpg
(息子は嫌いで食べない)黒糖プリン作ったり。

昼寝したり。


さぁ、今日から新学期。

今までの教室が改装工事のため、教室引越をしたんですが、

今朝念のため今日から使う教室まで息子と一緒に行ったら、

なんだか準備されてない感じ。。

ロッカーも無いし〜〜。

先生、慌てて片付けてて、ちょっぴりビックリ。

ま、こんなもんでしょ。笑

ただロッカーだけはちゃんとしてほしいわ。

同じクラスの台湾ママ友に早速聞いたら、

彼女も「いつ用意してくれるのやら‥」って。

不方便啊~~(>_<)

何事も思い通りにいかないものよね。仕方ないです。

さぁ、もうそろそろお迎えの時間。

今晩は息子大好物ハンバーグと大根とあさりのスープ。

喜ぶ顔が目に浮かぶようです♪






[PR]
by mtayosa | 2014-02-11 15:40 | 台湾生活

大学でお散歩

台湾は今、春節(旧正月)中。

旧正月に入る前に南の島へ行ってきました。

で、帰ってきてからは特に予定は無し。

毎日、ちょっと自転車やバスで出かけてはのんびり過ごしています。

今日は大學でお散歩day。

旦那の研究室がある物理館の前には梅の花がきれいに咲いてました。

訂正します。梅の花ではなくこれは「山櫻花」でした。桜です。

e0252497_17491115.jpg

e0252497_17502140.jpg
e0252497_1751731.jpg
e0252497_1752256.jpg



e0252497_17541445.jpg
梅園に行ってみたけれど、こっちはもう散っちゃった後なのかな?

全く咲いてませんでした。残念。。。


e0252497_17551935.jpg


e0252497_17555519.jpg

とてもいいお天気で、

いいお天気すぎて暑かった!

息子はお得意の肌着姿です。。(>_<)

今日は今まで行ったところの無い大学内を歩いて、

楽しかったです。
[PR]
by mtayosa | 2014-02-01 17:58 | 台湾生活

新年快樂

あけましておめでとうございます。

新年快樂(シンニェンクヮイラー)

と、言ってもやっぱり新暦のお正月なので、

台湾では、新しい年を迎えた感が今ひとつ。。。

息子も大晦日まで学校あったし、元日だけ休みで、

2日の今日から普通に登校。旦那も同じ。

でも、やっぱり日本人らしく大晦日には年越しそば(天ぷら付き)を食べ、

紅白を見て過ごしました。

そして、台北101のカウントダウン花火!

テレビ中継でしっかりと楽しみました。

e0252497_16472410.jpg
e0252497_16474796.jpg


そして、新年の朝にはお雑煮。

夜は少し豪華に豚しゃぶとちらし寿司。

ちらし寿司は五目にならず、三目ちらし。

ニンジンと椎茸とマコモダケを煮て作りました。
e0252497_16535777.jpg

e0252497_16542520.jpg
お刺身は本当は台北の上引水産で買ってきたかったけど、

そんな時間なくて、コスコで買ってきました。

うん、まぁまぁだったかな(笑)

ご飯のほうは美味しくできて息子がモリモリお替わり。よかったよかった。

ということで、我が家の中ではしっかりとお正月感を出して過ごしました。


そして台湾にとってのお正月、春節は今月末からです。

同時に息子の冬休みも始まります。宿題いっぱい出るのかな〜〜涙



それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。






[PR]
by mtayosa | 2014-01-02 17:33 | 台湾生活

餅つき

今日は12月30日。

明日はもう大晦日だというのに、旦那は普通通り出勤。

息子も普通通り登校。

私は一人さみしく、朝からツリーを片付け、餅をついてます。

e0252497_13091927.jpg
平たい方は旦那のお母さんから教えてもらったこわ餅。

もち米とうるち米を7:3の配合で作ったお餅です。

丸い方はお飾り用に。一応ね。こっちは全部もち米。


お飾り用に作ったお餅の余ったのを本日の私のランチに。
e0252497_13112396.jpg
あんこときな粉のダブルがけ。笑

あんこもちゃんと作りました。

でもね〜、やっぱりお餅はみんなでワイワイ楽しく作って、

一緒に食べたいよね〜〜〜。

テレビもつけず、一人黙々とお餅を食べました。


さて、明日は大晦日。

なのに、今日と同じく旦那も息子も出勤、登校。

元旦だけ祝日でお休みです。

やっぱり旧暦のお正月(春節)のが台湾にとっては重要視されてます。

明日は朝から市場へ行って買い物して、

少し掃除して。。のんびり過ごそうと思います。


今年もお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それでは、良いお年を〜〜〜!






[PR]
by mtayosa | 2013-12-30 13:18 | 台湾生活

中途半端は災いのもと


最近朝はほとんど雨です。

台湾の冬は雨が多いのか?という質問を、

台湾人ママ友二人にぶつけてみたところ、

一人は「そうだよ」、もう一人は「そうでもないよ」と。笑

まぁでも、台湾の冬は湿度が高いのは間違いない。

高い湿度のせいで実際の気温より体感温度はずっと低いです。

そして外より家の中が寒い。毎年同じこと書いてると思うけど。。

冬休みを利用して台湾に来る方(特に台北など北部の方に行かれる方)、

普通に寒いので防寒対策しっかりと。ホテルの中が寒いってこともあるかも。


前置き長くなりました。

今朝は霧のような細かい雨だったので、

歩きでなく自転車でいつも通り学校へ息子を送り届けました。

裏門におろし、いってらっしゃいし、

早々と帰ろうとしたら、セールスに捕まってしまった。

子ども新聞みたいなのを発行してるとかで、

毎月契約すると辞書やら民俗辞典やら、いろいろ特典つくよ〜みたいなの。

「私は日本人で聽不懂(何言ってるのか分からない)」と言ってるのに、

ひたすらまくしたてられる!

それはどうしてかというと、

ほんのちょっとだけ、ほんの爪の先ほどだけど、

お兄さんの言ってること理解できて、

それに中国語で答えてしまうから。

だからお兄さん、私が理解できてると思ってしゃべりまくる。

いやいや、ほとんどあなたの言ってること分かってないんですけど(爆)


とにかく最後は、

「本当にごめんなさい。私、聽不懂だから!!!


と、強めに断ってきました。

そしたら、お兄さん「沒關係(大丈夫)」とすごすご退散してくれました。

もう小雨の中、辛かった(>_<)


中途半端というか、中途までもいってないくらいまだまだな中国語なのに、

少しでも受け答えができてしまうと、もう大変。

しゃべりまくられ、必死に聞き取ろうとするんだけど、

そのうち頭の中ショートです。


そうだ、私が中国語分からないからって、

英語に切り替えられるのも困りものなのよね〜。

そっちも中途半端以下だから(爆)







[PR]
by mtayosa | 2013-12-26 09:22 | 台湾生活

おばあちゃんたちのお説教

マンションの一階にあるロビーに行ったり、

息子と公園に散歩に行くと、必ずといっていいほど、

だいたい顔見知りのおばあちゃんが何人かいます。

みなさん同じマンションに住む住人。


みなさん、とっても気さくで明るく、そして話し好きなので、

私たちの顔見かけると必ず話しかけてきてくれます。

最初のころはほっとんど何話してるのか分からないから、

表情だけで読み取ったり。

最近は八割がた何を話されてるのか分かるようになってきました。


今朝も息子が登校する時に、ゴミ出し途中のおばあちゃんに遭遇。

いつも息子を見かけると「弟弟〜〜(ディディ〜〜)」と声をかけてくれます。
ちなみに弟弟は日本語の弟という意味もありますが、
小さい男の子に対しての呼び方でもあります。坊や、みたいな。


そして、息子の服装を見るなり、私に、

「寒いんだから、もっと服を着させなきゃ!!」

と、お叱りの言葉。

決してやんわりではないです。本気で叱ってくる(笑)

それに対して私は、「そうだね〜、ありがとう〜〜」と笑顔で応戦。


別の日は、買い物に行こうとロビーまでおりたら別のおばあちゃんに遭遇。

いつもお孫さんを抱っこしてるおばあちゃん。

スーパーへ買い物に今から行くんだと話したら、

そのおばあちゃんは市場で買い物をして帰ってきたところだったらしく、

買ってきたものをそこでお披露目(笑)

そして私が買い物に行き、帰ってきたらまだロビーにいた!

案の定買ってきたものを見せろと言われ、エコバッグの中を見せたら、

「青菜が無いじゃないか」

「卵はスーパーで買うと高いでしょ」等々‥(@_@)

「青菜は買おうと思ったんだけど、高くて〜。。」と言い訳したら、

おばあちゃん「だったら家にあるのをあげるわよ!」と。

丁重にお断りしました。

卵は卵屋さんが近くにあるからそこで買いなさいとアドバイスもらいました。

他にも、スーパーで買い物じゃなくて、

免費バスに乗れば市場に行けるとかいろいろとお説教。



そうそう、この同じおばあちゃんに、

「子どもは一人じゃダメだ。もう一人産みなさい!!」

と、お叱りを受けたこともあります。

その時はね〜、さすがにちょっと参ったかな。その時はね。

欲しくないわけじゃないんだよ〜、いろいろ作らない理由があるんだよ〜〜。。

と、心の中で少し泣いてましたが、それをおばあちゃんに言ってもね。

というか、そもそも説明できるだけの語学力がないし(爆)


少しずつだけど台湾人の気質が(と言ったら語弊があるかもしれないけど、)

理解というかなんとなく分かってきたから、

言われた瞬間は「ちょっと嫌だな」と思ったけど、

落ち着いてよくよく考えたら、「まぁ仕方ないか」と。

きっと本気で心から私のこと思って「もう一人!」って言ったんだろうなぁ。

決して「私、あなたのことをこんなに考えてるのよ、

ありがたいと思いなさい」という感じでもなく。

そう思うと、「あぁ、ありがたい」と感じることもできます。

文化の違いで、いろいろと傷つくこともありますが、

いちいち悲しんだりするのも面倒だし、

考えをシフトチェンジすれば、けっこう気楽なものです。


おばあちゃん達に会う度に、いろいろと説教をうける私ですが、

それも楽しい毎日です。そして幸せです。






[PR]
by mtayosa | 2013-12-12 10:09 | 台湾生活